どこに需要があるのかわからない厳選。プラグインシリーズ第三弾。
最後は[縁の下の力持ち編]です。

見た目になにか変わる点があるわけではなく、サイトを裏方から支える野球のベンチウォーマーと言おうか、信長のぞうりを温める秀吉と言うか、そういうポジションのプラグインです。

では行ってみましょう。

WordPress Database Backup


データベースを定期的にバックアップ、圧縮してメールで送信してくれるプラグイン。
幸運にもまだお世話になったことはありませんが、転ばぬ先のなんとやらですから。

WordPress Database Backup プラグインページ

Ultimate Google Analytics


Google Analyticsをトラッキング IDを設定するだけで簡単に設置することのできるプラグインです。
PDFやZIPファイルなどのトラッキングにも対応しているとのことですが、そのあたりは実際に試していないのでわかりません。

Ultimate Google Analytics プラグインページ

Head Cleaner


ヘッダで読み込むCSSやJavascriptなどを最適化したりキャッシュさせたりすることで、ページの読み込み速度を上げるプラグイン。

できることはこちらに詳しく書いてあります。

Googleのウェブマスターツールで大まかにサイトのパフォーマンスを確認することができますが、Labsにあるサイトパフォーマンスのグラフによれば、Head Cleanerを導入した直後から表示速度があからさまに速くなっています。ある程度効果はあると言えるでしょう。

最近ではサイトの表示速度もGoogleでの検索順位に影響を与えるとのことなので、だまされたと思って入れておいてもいいかも知れません。

設定によっては他のプラグインのスクリプトが動かなくなる場合もありますので、最適な設定を探してみてください。

Head Cleaner プラグインページ

Google XML Sitemaps


サイトマップを検索エンジンに送りつけることで、インデックスされやすくなります。
Google XML Sitemapsはこのサイトマップ(xmlファイル)を自動的に作成して検索エンジンに送信してくれるプラグインです。

Google XML Sitemaps プラグインページ

All in One SEO Pack

どこへ行ってもとりあえず入れとけといわれる定番のプラグイン。

WordPressでは投稿記事名とページタイトル(***)はデフォルトで同一になっているところを、タイトルにユニークな文字列を入れることができたり、ページごとにメタデータやディスクリプションを書き換えることができます。

上記がSEO的に持つ意味の説明は割愛しますが、SEOだなんだと言っても結局のところページを訪れるユーザーにとって価値のあるサイトこそが優れたサイトであるという事実は揺るぎません。
プラグインを入れたからといって過信は禁物です。

All in One SEO Pack プラグインページ