ユーザーがGoogleにログインした状態で+1ボタンをクリックすると、ログインしているアカウントのGmailのアドレス帳に登録されているユーザーやGoogleリーダー等でフォローしているユーザーが関連のあるキーワードで検索した場合にオススメとして表示される。

というもんだそうで。

Googleはソーシャルが弱いとずっと言われているわけですが、ここにきて本丸の検索に絡む形でソーシャルフィルタを実装してきたようですね。

Facebookはソーシャルから検索の領域に、Googleは検索からソーシャルの領域に侵攻をかけているみたいですが、いまのところはややFacebookが有利か。といった状況。

「友達のオススメは、赤の他人のオススメよりストライクゾーンに入る可能性が高いだろう」という基本理念に基づいているようですが、これは周りの友人がGoogleのアカウントを持っていることが前提になるので、人によっては精度にバラつきがでるんだろうなーというのはある程度予測できます。

このバラつきを解消するには「どの程度仲良しなのか」っていう情報とか、「どんなクラスタの知人なのか」といったパラメータが必要になってくると思うんですが、その手の情報は既にある程度Googleに吸われてたりするんですかね。

僕はiPhoneのアドレス帳もGoogleと同期しているので、「ほう。こいつはこの番号にしょっちゅう電話かけてるな。時間帯は夕方か…帰るコール的な通話かも。姓も同じだし、夫婦だなこれ。」みたいなノリで推測されて情報握られててもなんら不思議じゃないです。

今はアノテーション(友達のオススメ)が表示されるのは英語版google検索のみですが、順次各国語の検索結果に反映されてくるものと思われますので、このサイトにも設置してみました。
今のところは全面的になんともいえない状況です。徐々に浸透してきてから有用性を見極めたいと思っています。

設置方法は+1ボタンカスタマイズページからコードを取得してHTMLに貼り付けるだけです。

+1ボタンに関するFAQは+1 ボタンに関するよくある質問にありました。
あいかわらずヘルプってのはどこも読みづらい。。