Sony Ericsson MW600 を買いました。

一人での移動時にはiPhoneで音楽を聞いたり電話していることが多いので、煩わしいケーブルとお別れできて通話もできるBluetoothオーディオレシーバーは気になっていました。

ケーブルが繋がっていると、iPhoneのカメラを使うときもファインダーの端っこにケーブルが見切れたりして邪魔ですし、メッセンジャーバッグから財布やなにかを取り出す時も必ずと言っていいほど引っかかって困ります。

十分聞けるレベルの音質

高音質を謳っている製品ですが、Bluetoothの規格上限を超える帯域は使えないわけですから、やはり音の鮮やかさは幾分薄れてしまいます。

FMラジオっぽいというか、コンプレッサーエフェクトをかけたみたいな平坦な感じというか、そういう音になってしまいますが、普通の人が移動しながら聞く音として考えれば特に問題は感じません。

十分聞ける音です。

通信は途切れません

以前使わせてもらったことのあるBTヘッドフォンは普通に歩いているだけでも時折通信が途切れることがありましたが、MW600では今のところそういった症状は出ていません。

以前、職場の人に借りたSonyのBTヘッドフォンは家電量販店内でブツブツ切れてしまっていたのですが、MW600に関しては問題ないようです。

ただし、iPhoneで使用している場合、通信がWi-fiから3Gに切り替わる時や、逆にWi-fiに接続しにいく際に、瞬断が発生します。
これはおそらくMW600と言うよりiPhone4側の問題だと思います。ほとんど気にならないレベルの事象です。

音声の遅延は無し

遅延が問題になるのは主に映像とゲームを使っているときだと思いますが、iPhone4ではその両方とも全く問題ないです。

Mac、iPadでも同様。

Bluetoothのペアリングは3台までプリセット可能

接続する機器を3台まで登録しておくことができます。
私はiPhone4、iPad2、MacBookAirとペアリングさせていますが、日常的に使うのはiPhoneがほとんどです。

Bluetoothのペアリングは電源OFFの状態で電源ボタンを押しっぱなしにすることでペアリングモードが起動します。
ちょっとわかりにくくてマニュアルを読まないと辿りつけないのですが、筐体のサイズ的にも機能の使用頻度的にも、まあいいところなのかも知れません。

通話はマイクの位置によっては相手に届く声が遠くなる

とはいえ、襟元や胸ポケットくらいの常識的な位置にとめていれば大丈夫です。
地味に音声コントロールに対応しており、通話ボタンを押して「○○さん 電話」で発信できます。
使ってみると案外便利です。

iPhone4では曲名表示不可

現状、iPhone4での音楽再生時には曲名は表示されません。
MacのiTunes経由だと表示されました。
着信時に電話をかけてきた人の名前は表示されます。

2011年10月13日 追記
iOS5へのアップグレードで、MW600側での曲名表示に対応しているのを確認しました。

好みのヘッドフォンに付け替え可能

ステレオミニプラグに手持ちのヘッドフォンを付け替えることができます。
標準でついてるカナル型のヘッドフォンは、おそらくMW600の周波数特性に最適化してあるのでしょう。
遮音性も含めてかなり頑張っていると思います。

私はこれをつないでいますが、音だけで言ったら標準ヘッドフォンの方が幾分好みですね。

いかんせんこの Panasonic RP-HTX7というヘッドフォン。俗にいうドンシャリ系といいますか、高音域と低音域を無理に持ち上げたかんじの音をだすので、Bluetooth特有ののっぺりした音に、更に妙な味付けをするという事態を招いています。

音は値段なりといったところでしょう。
しかし、この見た目の質感の高さと、味わいのある形は他のヘッドホンにはない魅力です。

なんとなくわかると思いますが、見た目を重視した結果こうなりました。